IoTビジネス激動の予感がするH.C.R.2017国際福祉機器展! #87

IoTビジネス激動の予感がするH.C.R.2017国際福祉機器展! #87

IoTビジネス激動の予感がするH.C.R.2017国際福祉機器展! #87
Pocket

IoTが福祉分野でも増えてきたH.C.R.2017国際福祉機器展

#IoT #InternetofThings #HCR2017 #国際福祉機器展 #東京ビッグサイト #福祉 #離れた親の事を考える #見守り

今日、東京国際フォーラムで開催されていた「江戸・TOKYO 技とテクノの融合展2017」にIoT散歩に行きたかった妄想ダイスキOKstyleです。

国際福祉機器展H.C.R.2017が東京ビッグサイトにて9月27日(水)~29日(金)で行われています。明日が最終日になります!全国では年間を通じて、大阪、名古屋、東京、北九州、札幌で福祉機器展があります。

国際福祉機器展H.C.R.は、今年で44回目になる来場者が10万人を超えるアジア最大規模の総合的な福祉、介護の展示会です。ちなみにH.C.R.は、「Home Care & Rehabilitation Exhibition」の略です。

国際福祉機器展H.C.R.2017

国際福祉機器展H.C.R.2017

この時期になると、遠く離れた親の事を考えなきゃと改めて感じて、
I いよいよ
o 親孝行
T タイム
なんて妄想しております(^^;;

今回は、福祉分野でも増えてきたIoTに注目したいと思います。製品やサービスとしては、介護事業者むけには、業務負担軽減や利用者の管理徹底できるなど人手不足の課題解決にもなり、画期的なものになっています。

しかしながら、個人向けには高齢者の見守りサービスが多く、見守る側は楽だったり、通知が受け取れるなど良い面はありますが、見守られる側は受身的であることは変わらず、介どもや家族が見守りで使いたいと言っても、見守られる高齢者が嫌がって受け入れてくれないなど、個人で普及するにはハードルは相変わらずありそうです。

先日、ご紹介した「まごチャンネル」や「Moffバンド」のような、子どもや家族、そして、高齢者も双方が使いたくなるような革新的なIoT商品、サービスが出てくるといいですね(^^)

 

① 介護事業者が提案するIoT機器による見守り環境「LASHIC-room」

室内環境センサー「LASHIC-room」は設置された室内の状態を、家族や介護スタッフのスマートフォンやPCに伝えます。
このデータで、月次レポート形式で生活環境の推移や異常値の報告、結果に対しての対処方法の提案等をし、ご本人やご家族・介護スタッフの判断をサポートします。

親機:【サイズ】縦14.5×横11.5×奥行3.0cm【重量】165g
子機:【サイズ】縦14.5×横11.5×奥行3.0cm【重量】145g

LASHIC-room

LASHIC-room

  • 製品名

    LASHIC-room

  • 企業名

    (株)インフィック・コミュニケーションズ

  • 大分類

    コミュニケーション・見守り機器

  • 小分類

    緊急通報・見守り装置

  • 価格

    初期費用15,984円、月額1,058円~

  • 製品の仕様

    介護事業者が提案するIoT機器による見守り環境

② (株)エストのIoT、クラウド+AIを使った家族や事業者むけの見守りシステムサービス

離床検知システム

見守られる方の行動を総合的に捉えてAIが学習。的確に離床を検知し、転倒、徘徊を未然に防ぎます。スタッフの介護活動との識別も可能で面倒な操作はありません。誤報を極限まで減らしてスタッフの負担を軽減します。

離床検知システム

離床検知システム

  • 製品名

    離床検知システム

  • 企業名

    (株)エスト

  • 大分類

    コミュニケーション・見守り機器

  • 小分類

    緊急通報・見守り装置

  • 価格

    参考出展

  • 製品の仕様

    IoTとクラウド+AIによる画期的な離床検知システム

「お部屋の見張り番」CS-500

IoTとクラウドによる離れて暮らす高齢の家族の見守りに最適なシステムです。

プライバシーに優しく生活リズムを学習した的確なレポートがスマホで確認でき、レポートは、内容に合わせて、電話音声、メール、スマホ画面表示が選べます。スマホからエアコンの操作も可能で熱中症対策も万全です。
【電源/電圧】AC 電源アダプタ/5V 2.0A
【材質】ABS ポリカーボネイト
【外形寸法】80×120×30mm
【質量】145g
「お部屋の見張り番」CS-500

「お部屋の見張り番」CS-500

  • 製品名

    「お部屋の見張り番」CS-500

  • 企業名

    (株)エスト

  • 大分類

    コミュニケーション・見守り機器

  • 小分類

    緊急通報・見守り装置

  • 価格

    年額6,480円・初期費用別途

  • 製品の仕様

    IoTとクラウドによる離れて暮らす高齢の家族の見守りシステム

「お部屋の見張り番」CS-600、CS-700

IoTとクラウドによる事業者むけ管理ソフト付きの見守りシステムです。

個人別の情報を一覧で管理できるソフトウェアが付いています。介護施設、サ高住、駆け付け介護事業等の管理ツールとして最適です。CS-600は、連絡のためのボタンと外出を知らせるボタンを省いたシンプルなサービス向けで、サ高住に必須の安否確認もできて、過去の履歴も見られます。CS-700は、連絡のためのボタンと外出を知らせるボタンも付いて、充実したサービス向けで、画面トップの連絡事項掲示板でスタッフ相互のコミュニケーションも万全にできるシステムになっています。

【電源/電圧】AC 電源アダプタ/5V 2.0A
【材質】ABS ポリカーボネイト
【外形寸法】80×120×30mm
【質量】145g

「お部屋の見張り番」CS-600

「お部屋の見張り番」CS-600

「お部屋の見張り番」CS-700

「お部屋の見張り番」CS-700 

 

③ スマートグラスb.g.(ビージー)

メガネスーパーが持つ「眼」と「眼鏡」に関するノウハウ・リソースを活用し開発された「b.g.(ビージー)」は、「視覚拡張」をキーコンセプトに、「見え方」「かけ心地」を追求したメガネ型ウェアラブル端末です。
“クラウド”、“IoT”、“AI”等との組み合わせによるソリューション化を図り、各領域におけるイノベーションを目指しています。
例えば、映画・映像・放送等の「音声」をスマートフォンやタブレット端末が拾うことで、字幕表示、音声ガイド再生等を行うことができるアプリケーション「UDCast」との連携で、「b.g.」上に「日本語字幕」「外国語字幕」「手話」「音声ガイド」等のデータを完全同期で表示することが可能となります。

b.g.(ビージー)

b.g.(ビージー)

  • 製品名

    b.g.(ビージー)

  • 企業名

    株式会社Enhanlabo

  • 大分類

    コミュニケーション・見守り機器

  • 小分類

    その他

④ ケア樹はかる

IoT機器と連携して介護記録を自動化します。

バイタル計測機器から血圧、体温、体重等の情報を無線通信Bluetoothで自動取得し、介護ソフト「ケア樹Free」に簡単共有でき、記録時間の削減で業務負担軽減と健康管理情報の活用によって、介護の質を向上させます。そのほか、活動量計にも対応し、健康管理データの可視化、分析によって利用者の介護予防に役立ちます。

問い合わせ先:グッドツリー
TEL:022-341-6380
E-mail: HelpMan@GoodTree.JP
iPad・iPadminiに対応。iOS8.5 以上
※ご利用には「ケア樹Free」が必要です。
※現在、計測機器は(株)A&Dの一部製品に対応。

ケア樹はかる

ケア樹はかる

  • 製品名

    ケア樹はかる

  • 企業名

    ケアフォレスト、仙台フィンランド健康福祉センター

  • 大分類

    在宅・施設サービス経営情報システム

  • 小分類

    福祉事業関係コンピュータシステム

  • 価格

    月額2,160~21,600円

  • 製品の仕様

    IoT機器と連携して介護記録を自動化、高齢者の健康意識向上のための介護記録自動化×介護予防促進

⑤ 施設IoTシステム

スマートフォン・タブレットで見守ります。

・入居者様の状況確認や緊急時のお知らせをスマートフォンやタブレットで確認できます。
・データを蓄積して、分析や履歴管理にもお役立て頂けます。

施設IoTシステム

施設IoTシステム

【寸法】W290×H200×D52mm

 

  • 製品名

    施設IoTシステム

  • 企業名

    TAKEX 竹中エンジニアリング(株)

  • 大分類

    コミュニケーション・見守り機器

  • 小分類

    緊急通報・見守り装置

  • 価格

    お問い合わせください

  • 製品の仕様

    スマートフォン・タブレットで見守ります

 

⑥ IoT・ICT連携システム

業界初!スマホ1台で状態把握・記録入力・コール対応内線!

センサーマット・ナースコール・CARE KARTEの連携でIoT・ICTの新しい活用が実現しました。利用者の睡眠状態からナースコール内容、日常記録を併せて分析すれば、状態把握がより明確になります。得られる効果はスタッフ2名分の労働時間の削減(約17時間/日)、削減した時間で個別ケアやチームケアのレベルアップを図ることができます。
IoT・ICT連携システム

IoT・ICT連携システム

  • 製品名

    IoT・ICT連携システム

  • 企業名

    (株)富士データシステム

  • 大分類

    在宅・施設サービス経営情報システム

  • 小分類

    福祉事業関係コンピュータシステム

  • 価格

    お問い合わせください

  • 製品の仕様

    業界初!スマホ1台で状態把握・記録入力・コール対応内線!

 

第44回 国際福祉機器展 H.C.R.2017 開催概要

主催 全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会
会期 2017年09月27日(水)~09月29日(金)10:00~17:30

(最終日29日のみ16:00まで)

会場 東京ビッグサイト東展示ホール
出展社 約530社(見込み)
来場者 約12万人(見込み)
入場料 無料(登録制:事前もしくは当日)
企画 ■ 海外の社会保障、福祉制度・施策に関するシンポジウムの開催
海外の社会保障、福祉制度・施策に関する最新動向や情報提供のため、国際シンポジウムを開催します。
■ 利用者・家族向けのセミナーの開催
福祉機器の適切な選び方・使い方の知識や情報提供など、利用者・家族向けに役立つテーマでセミナーを開催します。
■ 福祉施設役職員・福祉機器企業関係者など向けのセミナーの開催
福祉施設職員、福祉機器企業関係などへの情報提供やスキルアップのためのセミナーを開催します。
■ 時代の変化に応じた特別企画を開催
最新の福祉機器や介護ロボット、障害のある子ども向けの機器の手中展示や療育相談や、高齢者向けの料理講座の開催など、毎年多彩な企画・催事を開催します。

 

それでは、長くなってしまいましたが、IoT激動の前兆がますます濃くなって、ワクワクしてきました!今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

IoTウェアラブルMoffバンドは3D動作認識技術の「モフトレ」で介護予防 #78

【IoTGoods】親の事を考えた最高の親孝行IoTデバイス「まごチャンネル」#75

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。