【IoTinfo】ウェアラブルEXPO2018の見どころをピックアップ Vol.03 #160

【IoTinfo】ウェアラブルEXPO2018の見どころをピックアップ Vol.03 #160

【IoTinfo】ウェアラブルEXPO2018の見どころをピックアップ Vol.03 #160
Pocket

本日が最終日のウェアラブルEXPOをレポート!

#IoT #Wearable #ウェアラブルEXPO #東京ビッグサイト #EXPLORE #HYPERVSN #MAQ #Smartball #AICHISTEEL #MIZUNO #投球体験 #3Dディスプレイ

あらゆるモノをネットにつなげる「Internet of Things」(IoT)を毎日考えている妄想ダイスキOKstyleです。

 

ウェアラブルエキスポ2018をピックアップします!本日19日(金)17時までやっていますのでお見逃しなく!!

第4回ウェアラブル EXPO

第4回ウェアラブル EXPO

見どころ


昨日見てきました!

実は、昨日見てきました!よくわからないですが、VIP招待でした(^^;;

昨年も行って基調講演を聴いたりしたからですかね。2018年も基調講演を聴講して勉強してきました!

それにしてもすごい人の多さでIoTを代表するウェアラブルデバイスの注目の高さが伺えました(^^)

そのほか、スマート工場やオートモーティブ、ロボデックス、ネプコンなどIoTにもウェアラブルとも親和性の高い関連イベントがやっていることも大きいと思います。

① 3Dディスプレイが目立つEXPLOREブース

入り口から入ってすぐに目立つブースがありました。

EXPLOREブース

EXPLOREブース

昨年のCEATEC JAPANでも取り上げさせていただいた3Dディスプレイ HYPER-VSNのエクスプロア(株)さんのブースです。やはりあの立体的に見えるディスプレイは目立ちます!一瞬、本物が浮いているのかと思ってしまうほどです(^^;;

動画だと点滅して見える部分があるので、実物を見て欲しいところですが、まずは動画を見てみてください。

出展社:(株)エクスプロア 小間番号:W19-42

エクスプロアさんではそのほかに、スマホ等で文字やロゴを可変し、マッピング出力も可能なLEDスティック「EL.SHOWBEAM(R)」などのウェアラブル端末を展示していました。

EL.SHOWBEAM(R)

EL.SHOWBEAM(R)

HYPER-VSNについてはCEATEC記事も見てみてください。

CEATEC JAPAN 2017 カムバック!3D映像が宙に浮かぶKimo-noブース #98

② 昨年夏に話題のスマートボール「MA-Q(マキュー)」が初出展

昨年夏ごろに話題になったスマートボールMA-Qをミズノと共同開発した愛知製鋼さんのブースにきました!

AICHI STEELブース

AICHI STEELブース

なんと投球体験をやっているではないですか!!しかも投球結果のランキングも掲載されてました(^^)

投球結果表示画面とランキング_MA-Q_AICHI STEEL

投球結果表示画面とランキング_MA-Q_AICHI STEEL

ランキングを見ると、140km/hを投げる人がいるなんて、驚きです(^^;; プロ並みですね!

ということで投球した後にディスプレイに表示されるデータはこんな感じでした。ぜひ、投球体験してみて欲しいところですが、まずは動画でチェックしてみてください。

出展社:愛知製鋼(株) 小間番号:W16-14

 

MA-Q展示_AICHI STEEL

MA-Q展示_AICHI STEEL

その他展示風景_AICHI STEEL

その他展示風景_AICHI STEEL

愛知製鋼さんのブースを見ていて、スマートボール以外のウェアラブルにも活かせるセンサー技術や何か面白いことができそうな可能性を感じました。

まずはウェアラブルEXPO内で投球体験というところから面白いですね!今後に期待しましょう!

電子コンパス 「AMI306R」

電子コンパス 「AMI306R」

電子コンパス 「AMI306R」
磁気インピーダンス効果を応用した磁気センサの開発に世界で初めて成功しました。
従来の磁気センサに比べ1万倍以上の高感度を持ち、IT化を加速する新技術として様々な分野への応用が期待されています。

ウェアラブル・IoT機器向けセンサ評価キット「SensorMedal-EVK-001」 ( ROHM )

ウェアラブル・IoT機器向けセンサ評価キット「SensorMedal-EVK-001」 ( ROHM )

ウェアラブル・IoT機器向けセンサ評価キット「SensorMedal-EVK-001」 ( ROHM )
モーションセンシングに必須の4センサ(加速度センサ、ジャイロセンサ、地磁気センサ、気圧センサ)と電波法認証取得済みのBluetooth® Smartモジュール、16bitローパワーマイコンを搭載した評価キットです。センサとBluetooth®モジュールをマイコンで制御することで、省エネのセンサ環境を簡単に構築することができます。タブレット等で評価するためのiOS、Androidアプリも公開しており、開発工数を大幅に削減できます。

スマート野球ボールについての詳細は過去投稿を見てみてください。

スポーツ界にもIoT革命が!スマート野球ボールが続々と発表 #108

 

それでは今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

【関連URL】

第4回 ウェアラブル EXPO 公式サイト

愛知製鋼ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。