【IoTreport】8/3-5:Startup Weekend Tokyo Maker スピードものづくり体験② #185

【IoTreport】8/3-5:Startup Weekend Tokyo Maker スピードものづくり体験② #185

【IoTreport】8/3-5:Startup Weekend Tokyo Maker スピードものづくり体験② #185
Pocket

Startup Weekend Tokyo 3日間のスピードものづくり体験してみた!その2

#IoT #Tokyo #東京ビッグサイト #MakerFaireTokyo #StartupWeekend #ものづくり体験 #イベント #OKスタイル #Microsoft

 

あらゆるモノをネットにつなげる「Internet of Things」(IoT)を毎日考えている妄想ダイスキOKスタイルです。

 

先月のMaker Faire Tokyo 2018の360°VRを掲載しましたが、そこで体験したStartupWeekend Tokyoのスピードものづくりについてまとめてみました!

その1の続きです(^^)

 

【360°VR】Maker Faire Tokyo 2018を360°でミル #65

 

Startup Weekend Tokyoのオリエンテーション


まずは、StartupWeekendの趣旨と3日間の流れについて説明がありました。

スケジュールは下をご覧ください。

 

◆スケジュール Time schedule

8月3日 (金) 品川 8月4日 (土) ビッグサイト 8月5日 (日) ビッグサイト
06:00pm 開場(Microsoft) 09:00am 2日目開場(MFT) 09:00am 3日目開場(MFT)
06:30pm 懇親会 10:00am Facilitation 11:30pm 昼食
07:00pm ファシリテーター挨拶 11:30am 昼食 02:00pm テックチェック
08:30pm 1分ピッチ 02:00pm コーチング開始 04:00pm 発表&審査
09:00pm 話し合いと投票 04:00pm コーチング終了 06:30pm 審査発表
09:30pm チーム作り 05:30pm 夕食 07:30pm パーティー(飲み放題付き)
10:00pm 1日目終了&帰宅 07:00pm 2日目終了&帰宅 09:30pm 3日目終了&帰宅!

 

こんなにスポンサーがつくのも、StartupWeekendだからですね!

スピードものづくりを体験できる貴重なイベントです。

イベントスポンサーのみなさま

イベントスポンサーのみなさま

ちなみにイベントでは、おいしいケータリングと飲み物が振る舞われていました。

ALAMEDA COLD BREW COFFEE

ALAMEDA COLD BREW COFFEE

ALAMEDA COLD BREW COFFEE

ALAMEDAのCold Brew Coffeeの特徴のひとつは低温による24時間抽出。通常のドリップやエクスプレスでは出し切れなかったコーヒー豆に凝縮された旨味。それは豆への熱負担が少ない低温でなければ引き出すことができない、それぞれのブレンドに合った抽出時間でしか出せない特別な味。幾度となくテストを重ね、たどり着いた味をお楽しみください。

 

オープニングゲストスピーカー


8月3日のゲストスピーカーは、高須正和さんでした!

この特徴ある猫耳と中国のオープンイノベーションの話はインパクトがあり、

良い話が聞けました。

猫耳については誰も触れませんでしたが、おそらく脳波で動く猫耳カチューシャ「necomimi」だと思います。

先日、たまたまNeuroSky(ニューロスカイジャパン株式会社)を訪問してお話しをしたところだったので、「あっ!」とすぐ気づきました。

オープニングスピーカー高須正和さん

オープニングスピーカー高須正和さん

高須さんには、中国のスピード開発やIoTの状況について根掘り葉掘り聞きたかったですが、

ここはぐっとこらえてStartupWeekendに集中しました。

 

Startup Weekend のチーミング


続いては、一通りスピード開発、DIYメーカーの大切さを実感したところで、3日間を大きく左右するチーミングです!

 

その前に、軽く6〜7名1チームで単語と単語を掛け合わせた製品のプレゼンゲームをしました。

 

少し頭が活性化したところで、チームで取り組むテーマについて、アイデアがある人が1分間ピッチを行いました。

最初は40名近くの方が1分間ピッチをしましたが、あまりにも人が多いので、前半と後半の2つに分けて直接の質問タイムをしていました。

 

その後、関心のあるピッチアイデアについて3つのシールを全員で貼り付けました。

そこで絞られた約15チームで最後のPRピッチをして、メンバー勧誘タイムが始まりました!!

 

ちなみに私はいくつか関心のあったピッチはあったのですが、3日間フルコミットができないので、

しばらく様子見をしていました。

しかし、チーミングを促されて話しかけた子育て応援IoTに参加することになりましたが、まさかの私を入れて2名!

チームの最低メンバーは4名!ということで隣で同じように悩んでいたメンタル応援IoTアイデアと合体したらどうかということで、

なんとなく合体したら面白そうという単純な発想で4名が揃いました!

 

なんだかんだ揃わないチームもあり、最終的には12チームになりました。

 

そのあと、ピッチまでどう進めていったのかはまた次回、紹介します!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

 

【参考URL】

・Doorkeeperイベント案内サイト Startup Weekend Tokyo 

・Startup Weekend Japan公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。