これだけでOK!IoTキーワード「DX(デジタルトランスフォーメーション)」① #193

これだけでOK!IoTキーワード「DX(デジタルトランスフォーメーション)」① #193

これだけでOK!IoTキーワード「DX(デジタルトランスフォーメーション)」① #193
Pocket
LINEで送る

集めたデータを価値ある情報にするデジタルトランスフォーメーションって何!?

#IoT #Keyword #用語 #DX #デジタルトランスフォーメーション #デジタル技術活用 #IDCJapan #データ活用

あらゆるモノをネットにつなげる「Internet of Things」(IoT)を毎日考えている妄想ダイスキOKstyleです。

最近よく目にするデジタルトランスフォーメーションについて見ていきたいと思います!

 

デジタル技術で変革を起こす取組み「デジタルトランスフォーメーション(DX)」


製造、流通、サービス、小売、営業、バックオフィス。。。

企業などなど活動にもいろいろあります。

そういう企業活動のあらゆる側面にデジタル技術が使われる時代になりました。

 

そんな時代だからこそ、競争力をあげたり、他にはないことをしていくために、

デジタル技術を活用して変革に取組む「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を多くの人や企業が必要性を感じています。

 

● デジタル化はさけられない

DXは、デジタル技術で競争力をあげる取組みで、その可能性は大きいです。

それは、

スマートフォン(スマホ)を活用したシェアリングエコノミーの実現、

IoTやAI(人工知能)を駆使したデータ活用による製造現場や住居の革新、

生産設備と物流データの共有による新価値創出、

などなど幅広い分野で期待が高まっています。

 

その一方でDXで変革を実現するのも簡単にはいかないのも事実です。

要因としてよくあるのが、単に新技術を導入するだけになっていることです。

変革には、新技術を活用することで何をして、活動をどう変えていくのかということが必ず必要です。

 

特に、これだけスマホが普及してデジタル化が進んでいるので、「今までどおりでいい」なんて言っていると生き残れない時代になっています。

 

● DXでどう生き残るか!

IT調査専門会社のIDCジャパンが説明するDXの前提は、

外部環境(顧客や市場)の破壊的な変化への対応

であると言っています。

その目的と手段をわかりやすく次の4項目に整理してくれています。

 

①ビジネスプロセスの変革

②ビジネス価値の創出と企業競争力の強化

③第3のプラットフォーム(クラウド、モバイル、ソーシャルなど)とイノベーションアクセラレーターの活用

④データの活用

 

みなさんも感じていると思いますが、いま、いろんなところで破壊的な変化が起こっています。

それに共通するのは、「消費者のデジタル化」です。

 

消費者はスマホを駆使して、手軽にいつでもどこでも商品やサービスの情報を集めて比較します。

だから、商品やサービスを提供する側もデジタル技術を駆使しなければ、残念ながら生き残れなくなります。

そこで生き残るために重要なのは、「新技術とデータの活用でビジネスのスピードを速くしていくこと」です。

 

● DXを活用するポイント

DXを活用するポイントは、「データの活用」です。

以前、「これだけでOK!IoTキーワード⑨「オープンデータ」 #161」の記事でも出てきましたが、

石油を精製して様々なモノが作り出されたように、多種多様なデータから新たな価値を創出のがDXです!

DXが、これまでの情報システムでは扱えなかったデータを、最新デジタル技術を活用して価値ある情報へと精製してくれます。

 

それでは今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。