ココだけの話「IoT」の基本のキ ③ #36

ココだけの話「IoT」の基本のキ ③ #36
Pocket
LINEで送る

IT知識ゼロからでも3分でわかるIoT!③

#IoT #入門編 #基本 #InternetofThings #ビジネス発想力 #mindset #基礎 #新しい価値 #challenge #デジタル化

梅雨の時期に雨が少なく、今日、外で何かやろうと思った時に限って、雨が降るこの天気!じれったいけど嫌いではありません、妄想ダイスキOKstyleです!

昨日の②に引き続き、本日はIoTの時代に必要なモノについてまとめたいと思います。

②で説明したIoTの革新的な特徴には

「やり取りした情報を整理してアクションしてくれる」

「新しい価値を生み出してくれる」

の2点があります。

 

その特徴が与える変化はユーザーの暮らしだけに留まりません。サービスを提供する企業自身もIoTで新しい価値を提供することが当たり前になると、自社の取り組む守備範囲を見直す必要に迫られます。

 

例えば、前回、妄想した自動運転であれば、自動車メーカーはクルマだけをつくっていればいいのではなく、最適な交通システムなどこれまでの本業とは違う領域にも精通しなければならなくなる可能性があります。

 

それは、企業だけではなく、ビジネスパーソンも時代の変化に対応していく必要があるんです!

時代の変化に伴って、自社でIoTをどう使って、新たにどんな製品やサービスを実現できるかを考えて先をよむビジネス発想力を磨かなくてはいけません。

 

そのためにオススメするのは、マインドセット(考え方の枠組み)を変えることです。自らデジタルの世界を体験して、新しい感覚に近づいていくんです。何事も触れてみないと良さがわからないので、まずは飛び込んでみることが必要です。

 

例えば、最近、「インスタ映え」という言葉をよく耳にしますが、インスタグラムは知識として知っているけど、使ったことがないという人は多いのではないでしょうか。

心当たりのある人は、いますぐにアプリをダウンロードして使ってみてください(インスタの回し者ではありません)。

 

自らユーザーとして新しいコトを経験することで、IoT時代に対応する第一歩になっていきます。

遠回しになっちゃいましたが、このIoT時代(=激しい時代の変化)に必要なのは、変化を受け入れて、試す・チャレンジする勇気です!

これまでの概念が崩れる破壊的なサービスが続々登場するこの時代に思う存分、ワクワクすることをしていきましょう!

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m

そんなことを語っている私もまだまだ試す・チャレンジがし足りないと反省している今日この頃です。

(参考)

PRESIDENT(プレジデント)2017.7.17号 特集記事

アナログ人間でも10分でわかる、ビジネスの新常識 話題の「IoT」今さら人に聞けない基本のキ、教えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください